• Home >>
  • 藤島の古民家再生

寂しいことに幾世代にも渡り風雨に耐えてきた古民家が、日々失われようとしています。

昔ならではの職人の腕が光る高い技術で、100年以 上も持つ長寿命住宅。しかし、時が経つにつれてそん な素晴らしい古民家が「住みにくい」「古い」「不便」と生活スタイルが変わり、生活者が変わり、古民 家の良さが伝わらなくなってきています。

しかし、ちょっと待ってください。 そんな古民家は少し手を加えることで、生活者に住み やすく、古き良き建築部分を残し、あと何世代と渡り 住み続けることができ、資産価値がさらに高まる家づ くりができるのです。そんな家と家族の歴史を作り上 げるお手伝いをぜひ藤島建設でさせてください。

 古き良き時代に建てられた家の価値が見なおされる時代に
 なりました。 最近ブームになっている古民家とは何でしょうか。
  古民家といわれると、なんとなく年代の経った古い住宅を思
 い浮かべます。今現在では、明確な定義はありません。 古民
 家というと一般的には、
  ・建造されてから年数がたった家
  ・築50年以上経った、伝統的な日本建築
  ・茅葺屋根、草葺き屋根、日本瓦葺き屋根の和風建築
  ・土間や太い柱と梁を持つ家
  ・釘をほとんど使わずに大黒柱や太い梁を組み合わせて
   造られた伝統的建築物をいいます。


古民家再生には、大きなメリッがあります。

① エコに貢献
戦後つくられた日本の普通の家は、平均27年しか持ちません。「造っては壊す」という状況が長く続き、森林破壊や廃棄物問題などの地球環境破壊を引き起こしています。 古き良きものを、現代に合うように再生して、長く使うという古民家再生は、エコで地球環境にも貢献します。

② 子供の教育に良い
古き良きものを長く大切に使うという考え方の教育と共に、日本の伝統を大事にするということが住まいや暮らしの中で学ぶことができます。また、日本の四季に合った住まいで育つことにより、四季を感じ、木の感触に触れることで五感の豊かな子供に育てることができます。

③ 健康に良い
現在の新建材などを使用していないためシックハウスの危険がありません。 新素材によるアトピーの心配もなく、健康に良い家です。

④ 部材の強度が強い
樹齢100年のヒノキの強度は、200年〜300年は変わらないといわれ、強度が落ちるのは800年〜1200年といわれています。古材は非常に強度が強く頑丈な部材が多いのが特徴です。

⑤ 風情がある
古民家ならではの太い梁や大黒柱のデザインは風情があり、デザイン的にも素敵で風情がある住まいになります。

⑥ 固定資産税がお得
築年数が長いため、固定資産税の軽減がなされます。 古民家はこのようなメリットから、今とても注目されています。










古い住宅と言うと 直ぐ古民家と思いますが、古民家の定義もあいまいで、色々な方が其の時の感じで古民家と称してるケースもありますが、やはり古い地方の農家住宅とか商家住宅に見る造りはいろいろ創意工夫が凝らされ、職人さんの心意気が感じられます。

与えられた材料、其の時手に入る材料を創意工夫、加工をして職人の粋な仕事ぶりと建物にかける情熱を感じる事が出来ます。

今回は桁に小屋梁との取り合いのところの広縁側に小屋梁の材木の根元を化粧で加工して見せている、こんな仕事を材料を見て出来る職人の粋な細工を現代では見ることが出来ないが、古民家と称される建物では、出会う事もあります。

   

 
リフォームに関するお問い合わせは0120-244-705
無料お見積り・お問い合わせはフォームから簡単にできます!
千葉の木造建築会社株式会社藤島建設
ごあいさつ中田徳一
マイナンバー取扱基本方針
お客様から寄せられたたくさんのお喜びの声を掲載しています。
リフォームに関するQ&A

リフォームメニュー

耐震リフォーム

水まわりリフォーム

居室リフォーム

収納リフォーム

内装リフォーム

省エネ工事リフォーム

その他リフォーム

浴室・トイレ・洗面所リフォーム
株式会社藤島建設、株式会社藤島住建の匠の会、「藤島共和会」
くずまき高原藤島の杜
パンフレットダウンロード
藤島住建協力会社様専用です。

株式会社 藤島住建

〒273-0865
千葉県船橋市夏見2-15-10

地図はコチラ

TEL:047-460-7899(代表)
FAX:047-424-5533

営業エリア

ページの先頭へ