住まいを見直すリフォームプラン

住まい全体を見直してプランを立てましょう。

主要構造部リフォーム

建物の主要構造部である、基礎・土台、柱・はり、床あるいは階段。家の顔と言える外壁。家族と家を守る大切な役割の屋根。 これら「構造耐力上主要な部分」に欠陥や傷みがあると住宅の耐用年数や安全性に重大な問題が生じることになります。 また、これらを最終的に支えているのは『地盤』で、これも重要な構造体の一種とも考えられます。
ここでは、曰頃気づきにくいが、深刻なダメージを与えかねない部位の修繕について述べていきます。

  • 主要構造部のリフォームイメージ
  • 主要構造部のリフォームイメージ
  • 主要構造部のリフォームイメージ
  • 主要構造部のリフォームイメージ

主要構造部の傷みのチェック

家の外側と内側から見てみましょう。ます、家の周りを一周しながら基礎を観察します。

  • 基礎にひび割れが入っていないか。
  • 羽蟻が家の周りを飛んでいないか。

基礎の内外部分に木くずやごみがあれば、白蟻の繁殖する温床になりますので、すぐに掃除をしましょう。

  • 基礎の内部(床下)も確認してみましょう。

床下の点検口や床下収納庫から見ることができます。 床下にもぐれるのなら、入ってみましょう。入る際は、マスク・軍手をするなど、服装にも注意してください。

  • 家の内側でのチェックは、土台や床板などが変色したり、表面が荒れていないか。

そんな部分が見られたら、漏水、湿気、白蟻などの原因が考えられます。


主要構造部の修繕

基礎部分に0.5mm 幅を超えるひび割れがあったり、コンクリートの表面に鉄サビが浮いていたり、鉄筋が露出している場合は対応が必要になります。 主要構造部の修繕は、表面だけを補修するのでなく、不具合を発生させる根本の原因を取り除く必要があります。必ず専門家に相談しましょう。

住宅の不具合や傷み、実は地盤も原因!?

建具の閉まりの不具合や壁、基礎の亀裂などは施工不良、材質の不良などが考えられますが、他に不同沈下(かたむき)が原因の場合もあります。 これは、家の重さで、地盤が沈下し、建物に変形などの影響がでているのです。
地盤沈下は、家を建ててから数カ月から数年かけて徐々に沈下していき、気がついたときはかなり被害が進行しています。最悪の場合、倒壊の危険性もあります。 状況によっては、地盤の調査を依頼し、地形や地盤の地耐力を知ることも大切です。


軟弱地盤の場合の対策

  • 建物の荷重を軽くする
  • 建物の重心の偏りをなくす
  • 硬い地盤まで杭を打つ
  • 地盤を改良するなどの対策が必要になります。

いずれにしても信頼のおける家のホームドクターを持つということが大事です。


是非、藤島住建にご相談下さい

お問合せ

水まわりリフォームに関するご相談等なんでもお気軽にお問合せ下さい。


リフォームに関するお問い合わせは0120-244-705
無料お見積り・お問い合わせはフォームから簡単にできます!
千葉の木造建築会社株式会社藤島建設
ごあいさつ中田徳一
マイナンバー取扱基本方針
お客様から寄せられたたくさんのお喜びの声を掲載しています。
リフォームに関するQ&A

リフォームメニュー

耐震リフォーム

水まわりリフォーム

居室リフォーム

収納リフォーム

内装リフォーム

省エネ工事リフォーム

その他リフォーム

浴室・トイレ・洗面所リフォーム
株式会社藤島建設、株式会社藤島住建の匠の会、「藤島共和会」
くずまき高原藤島の杜
パンフレットダウンロード
藤島住建協力会社様専用です。

株式会社 藤島住建

〒273-0865
千葉県船橋市夏見2-15-10

地図はコチラ

TEL:047-460-7899(代表)
FAX:047-424-5533

営業エリア

ページの先頭へ