• Home >>
  • リフォーム・施工 >>
  • 施工事例 >>
  • 外構リフォーム >>
  • 屋根リフォーム

危険で狭い和式の段付き汲み取りトイレが水洗トイレへ返信

施工前のトイレ
施工後のトイレ
お客様のご要望

施工データ

邸 名 S様邸
地 域 船橋市
築年数 約15年
広 さ -
工 期 3週間
リフォーム内容
  • ALCパネルの外壁の補修と塗 装リフォーム
  • 屋根の傷みを補修し、塗装
  • 樋の補修
使用設備 -

リフォーム前の問題点

2011 年 3 月 11 日の地震の影響で、外壁のALCのパネルにひびが入りはがれた部分を発見したため補修して欲しいという S様からのご相談が今回のリフォームのきっかけでした。

現場調査で外壁を拝見させていただいたとき、外壁のALCパネルのひびとはがれが目立っていたので、他に傷みがないのか、 家の耐久性を悪化させている場所や原因は ないかを診断する必要があることをS様にご提案しました。

外壁の状態から雨漏りの心配と劣化による耐久性悪化の問題があると判断したため、外装全体と見えない部分である屋根の診断点検を 一緒に実施することをお勧めしました。
外壁だけでなく、コロニアルの屋根の診断結果からこのまま放置しておくと、家の耐久性に問題がおこる箇所が発見されました。

お客様のご要望

外壁の汚れ、色あせ、老朽化、地震の影響等ではがれ、雨漏りが心配。メンテナンスを希望

外壁が汚れや色あせで古臭くなっているのと、地震の影響ではがれが出ていて雨漏りが心配なのでメンテナンスをして欲しい。
藤島住建からの提案により、屋根も診断して傷んでいるところを直して欲しいとご要望されました。

リフォーム前の問題点

リフォーム前の状況調査により、以下のような問題点がありました。

  • 外壁のALCパネルの浮きと塗装のはがれやひび割れが目立ちます。
  • コロニアル屋根の棟押さえの部分のトタンの鉄部がさびていて、これ以上さびると外れる可能性があります。
  • 経年変化で屋根の塗装が取れていて色あせて見た目が悪くなっており、コケも生えている状態です。
  • コロニアル屋根のスレートにそりが出ています。
  • 樋も壊れている部分や汚れている部分があります。

ご提案内容

S様邸の外壁と屋根などの外装を現場調査し、点検・診断させていただき、アドバイス、ご提案をさせていただきました。

  • 外壁のALCパネルのメンテナンスの必要性

外壁のALCパネルのひび割れやはがれは、最低10年に1度のメンテナンスが必要です。

地震によってひびやはがれがあったということですが、今まで一度もメンテナンスをしていなかったということもあり、 経年変化にも原因があったと思われます。

外壁のALCパネルのひびや欠損の部分から、雨水が木造住宅の構造の内部に入り、木部などの構造部分を腐らせて、 家の耐久性を悪くする原因になるので、非常に注意する必要があります。経年変化によってひびなどが出ますので、 最低10年に1度のアフターメンテナンスをお勧めします。

S様邸の外壁は、ひびが浅くはがれもひどくなかったため補修で済みました。しかし、症 状がひどい場合には、張替が必要になります。

  • ALCパネルのつなぎ目のシーリングに亀裂があると危険!

S様邸の外壁点検時に、ALCパネルのつなぎ目のシーリングがやせていたり、亀裂が入っているのを発見し、S様にアドバイスしました。

つなぎ目の目地は新築時にアクリルシーリングが使われていることが多く、ウレタンシー リングに比べて硬直が早いため継ぎ目に亀裂がでます。
また新築時に適切な厚みが取れて いない場合も亀裂が起こりやすくなります。 その亀裂があると雨水が躯体に浸入して危険 です。新築してから5年目くらいで亀裂が起こる家もあります。
継ぎ目のシーリングに亀裂がある場合やシーリングが痩せている場合は、早急な補修が必要です。

  • 再塗装リフォーム必要性

ALCパネルに色あせやチョーキングがあると、外壁に水が浸透するので再塗装のリフォームが必要です。

外壁のALCパネルの表面は常に紫外線にさらされて色があせ傷みがでます。
チョーキングは、手で触ると白い粉がつき表面が劣化する現象ですが、この症状がでると外壁の補修のサインです。
ALCパネルはもともと吸水性があるため、色あせやチョーキングによって表面が劣化していると雨などの水が浸透してしまい家が悪くなります。
その症状がでたら、水が浸透しないように、防水機能を持たせるために再塗装のリフォームが必要になります。

  • スレート系のコロニアル屋根は、10年に1度の塗装をお勧めします。

スレート系の屋根は、10年くらいで塗装がはがれて色があせ、コケも生えることが多く見た目が古びた印象になります。
屋根は特に風雨や紫外線にさらされ、外壁よりも劣化が早い場所です。コケは屋根スレート瓦を養分にして繁殖し、防水効果をなくしていきます。 また、スレート系の屋根はセメントを主成分にしてつくられており、屋根が色あせて白く見えるのは、屋根の素地が見えてセメントが露出している状態で、 防水性能が 落ちていることを示しています。
コケをとり、塗装することで性能を回復させることが出来ます。

  • スレート瓦にそりが発見され、瓦のひび割れの心配があることを指摘しました

スレート瓦に少々のそりが発見されました。アフターメンテナンスを怠ると、そりが発生することがあり、 そりがひどくなるとスレート瓦がひび割れたり、下地に雨が侵入し雨漏 りの原因になることがあります。釘の打ち直しなどの補修の必要があります。

  • 棟押さえのトタン部分の錆びによる劣化や釘抜けを発見! 強風で飛ぶと大変です

スレート屋根の棟押さえにはトタンが使われ、釘で押さえていますが、熱による素材の伸び縮みなどの原因でこの釘は浮いてきます。 この押え釘が甘くなると、まれに強風時に棟 押えトタンが剥がれることがありますので要注意です。 5年に一度位は、点検して確認するのがベストです。

  • 屋根には遮熱塗料を施工することで、暑さ対策と省エネ効果が。

夏場の炎天下でスレート系の屋根は、表目温度が70°C前後になるといわれています。
当然屋根から家の中に熱が入り込み、室内も暑い状態になります。 遮熱塗料の施工で、夏場の瓦の表面温度を40~50°Cくらいに下げる提案をしました。

  • 外壁補修と屋根補修を同時にすると足場代がお得

外壁や屋根をメンテナンス、リフォームする時には足場をかけますので、当然足場代がかかります。
そこで、外壁リフォームする場合には、屋根も同時にリフォームすると足場代 が2回かからずお得です。

  • 樋の破損は、雨漏りと水の浸入の原因になります

樋が破損していると、美観だけでなく、軒の裏に雨水が入ったり壁に水の浸入があったりして、家の構造に悪影響を及ぼし耐久性を悪くします。
早めのメンテナンスが得策です。

リフォームにより解決した問題

  • 外壁・屋根を高圧洗浄、ケレンをして塗装準備

外壁の汚れと、屋根の汚れやコケを高圧洗浄して洗い落としきれいにし、ケレンをして塗装をする準備をしました。

  • シーリング充填、部分補修、パネル張り直し

外壁ALCパネルの継ぎ目のシーリングを充填しひび割れやはがれ部分を補修します。
ひびやはがれがひどい部分はパネルを張り直しました。。

  • 外壁ALCパネル塗装、防水・耐久機能再生

外壁ALCパネルの塗装を、下塗り、中塗り、上塗りの工程によって完成させ、防水・耐久機能を再生し、見た目も美しく仕上げました。

  • スレートそり補修、錆び止め塗装

屋根はスレートのそりを補修し、棟押さえの補修と錆び止め塗装をしまし た。

  • 遮熱塗装による屋根の再生

屋根は遮熱塗料を塗ることで、光沢のある美しい屋根に再生できました。

  • 樋の補修、塗装

樋の補修をし、汚れがあったので樋に塗装をしてきれいにしました。

お客様のご感想

w様お写真

当初は外壁のひび割れなどの補修だけをしてもらうつもりでした。
しかし藤島住建さん から外壁と屋根の総合的な点検・診断を勧められ、診ていただくと外壁だけでなく屋根もいろいろな問題があることが発見できました。
診断結果を、写真をつけてレポートに まとめていただき詳しく説明を受け、問題点が非常に良くわかり、納得してリフォームを依頼することが出来ました。

屋根、外壁共にピカピカになりとてもきれいになったので非常に喜んでいます。


リフォームに関するお問い合わせは0120-244-705
無料お見積り・お問い合わせはフォームから簡単にできます!
千葉の木造建築会社株式会社藤島建設
ごあいさつ中田徳一
マイナンバー取扱基本方針
お客様から寄せられたたくさんのお喜びの声を掲載しています。
リフォームに関するQ&A

リフォームメニュー

耐震リフォーム

水まわりリフォーム

居室リフォーム

収納リフォーム

内装リフォーム

省エネ工事リフォーム

その他リフォーム

浴室・トイレ・洗面所リフォーム
株式会社藤島建設、株式会社藤島住建の匠の会、「藤島共和会」
くずまき高原藤島の杜
パンフレットダウンロード
藤島住建協力会社様専用です。

株式会社 藤島住建

〒273-0865
千葉県船橋市夏見2-15-10

地図はコチラ

TEL:047-460-7899(代表)
FAX:047-424-5533

営業エリア

ページの先頭へ