• Home >>
  • リフォーム・施工 >>
  • 施工事例 >>
  • 匠の技、日本家屋屋根瓦リフォーム

師匠級の屋根職人にか出来ない棟や谷がある日本家屋の屋根リフォーム

施工前施工後
施工データ
邸 名 B様邸
地 域 浦安市
築年数 約30年
広 さ -
工 期 2週間
リフォーム内容 ■ 屋根棟の積み替え施工
■ 屋根の漆喰の施工
■ 銅版の屋根谷の取替え
使用設備 ■ 南蛮漆喰、
■ ガルバニューム鋼板谷板

お客様のご要望

リフォーム前の状況

B様のお家は築30年の和風建築の風格のある屋根で、棟は銅線で固定されており、樋も銅製の家紋が入っている日本家屋の良さを表現した高級粘土瓦の屋根です。
このような瓦屋根の棟や谷の修理は、熟練した屋根職人しか出来ません。藤島住建は新築建築32年の藤島建設の熟練した師匠級の職人がいるため、 難しい和風建築屋根のリフォーム工事を自信を持って行なうことが出来ます。

屋根瓦問題点画像

まず行ったのは屋根点検です。問題点が発見されました。

お客様のご要望

天井が雨漏りをしているので見に来て欲しい

B様から天井が雨漏りをしているので見に来て欲しいと連絡がありました。藤島住建のスタッフが現場調査したところ天井の雨漏りの原因は屋根のトラブルでした。

リフォーム前の問題点

リフォーム前の状況調査により、以下のような問題点がありました。

問題1

屋根の棟がずれています。

棟のズレ
問題2

屋根の銅製の谷板部分が雨の影響で穴があいています。


谷板部分の穴
問題3

面戸部分の漆喰が取れて、土葺きの土が出ています。その上の熨斗瓦がずれ、棟がずれています。

漆喰がとれ、土葺きの土が露出

棟部分の名称

屋根瓦問題点画像

ご提案内容

B様邸の屋根の点検・診断させていただき、雨漏り防止のために棟と谷の屋根リフォームのご提案をさせていただきました。

屋根と屋根が接合する部分は点検・診断&補修で雨漏りストップ

  • 谷板の取替えのご提案

銅製の谷板は酸性雨の影響で穴が開くのでガルバニュウム鋼板に変えることをご提案

B様邸の屋根は、銅製の谷板が腐食し、穴が開いていて、屋根の野地板に雨水が浸入し、雨漏れの原因になっていましたので、 劣化損傷をしている銅板を取り除き、耐久性の良いガルバニゥム製のカラー板に変えることをご提案させて頂きました。

銅製の谷板の使用は、永年の使用で酸性雨の影響もあり穴が開き、雨漏りをします。
銅板の谷板を交換するため、屋根の谷の部分や周辺の瓦をはずし、その下の土を取り除きます。樋に水が流れるように谷板を施工します。

谷板の交換
  • 棟の瓦の積み直し工事ご提案!
棟の積み直し作業

雨漏れを防止し、美しく仕上げる技量のいる工事をご提案させて頂きました。

棟を結んでいる銅線を取り除きます。

熨斗瓦と冠瓦を外し、古い漆喰を取り除き、再度熨斗瓦と冠瓦を積みなおし、針金で瓦を結び付けます。


  • 漆喰がはがれない強い南蛮漆喰施工をご提案!

B様邸の屋根は、昔ながらの漆喰工法で瓦を止めていました。土葺きは粘土を使用するので、土が乾いて収縮し、表の漆喰がはがれます。また表面の漆喰は白い色で目立ちます。

南蛮漆喰説明

藤島住建からのご提案として南蛮漆喰をお勧めしました。
色は瓦の色のように黒灰色で目立ちにくく、従来の漆喰を塗らないので耐久性が良く、施工も早く出来上がります。

熨斗瓦と冠瓦と鬼瓦部分に漆喰を塗ります。
面戸部分に南蛮漆喰を丁寧に施工します。

南蛮漆喰施工作業
  • 和風粘土瓦は、5~6年に一度の点検・アフターメンテナンスをご提案!

しっかり点検し、こまめにメンテナンスをすれば、瓦を新しくする必要はありません

今後は雨漏りをして家を傷める前に点検とアフターメンテナンスが必要です。5~6年でズレや割れがないか漆喰が取れていないかを点検することをお勧めします。
アフターメンテナンスをすることで、伝統的な瓦屋根は50年~100年の耐用年数があります。
状態によっては、25~40年くらいで葺き替え検討も必要となるかも知れませんので、お家の耐久性を維持し、寿命を延ばすためにはこまめにアフターメンテナンスを行なうことをB様にアドバイスしました。

リフォームにより解決した問題

屋根・外壁の診断により発見された問題が、リフォームによって解決致しました。

解決1

穴が開いた銅谷板を取替えて、雨漏りを完全になくしました。

施工後屋根画像1
解決2

棟のはがれた漆喰を完全に取り除き、棟瓦を積み直し南蛮漆喰を施工し、棟からの雨漏りが修理されました。


お客様のご感想

B様お写真

点検してもらうまでは、屋根瓦が割れているのだと思っていました。屋根に登るわけにもいかず、屋根は見えない部分ですからどうなっているのかとても心配でした。
藤島住建さんに詳しく見てもらって、銅の谷板の腐食からの雨漏れや棟の漆喰が取れたための雨漏りと知って驚き、すぐに補修をしてもらいました。
職人さんにも丁寧な仕事をしていただき、雨漏りもなくなり快適に過ごしています。
こまめなアフターメンテナンスが必要だとわかりましたので、また藤島住建さんに来ていただき見ていただこうと思います。


リフォームに関するお問い合わせは0120-244-705
無料お見積り・お問い合わせはフォームから簡単にできます!
千葉の木造建築会社株式会社藤島建設
ごあいさつ中田徳一
マイナンバー取扱基本方針
お客様から寄せられたたくさんのお喜びの声を掲載しています。
リフォームに関するQ&A

リフォームメニュー

耐震リフォーム

水まわりリフォーム

居室リフォーム

収納リフォーム

内装リフォーム

省エネ工事リフォーム

その他リフォーム

浴室・トイレ・洗面所リフォーム
株式会社藤島建設、株式会社藤島住建の匠の会、「藤島共和会」
くずまき高原藤島の杜
パンフレットダウンロード
藤島住建協力会社様専用です。

株式会社 藤島住建

〒273-0865
千葉県船橋市夏見2-15-10

地図はコチラ

TEL:047-460-7899(代表)
FAX:047-424-5533

営業エリア

ページの先頭へ